トップトレンド情報化粧品業界の今を斬る〜2009年春夏流行色〜「フェリシテ(幸福)」

〜2009年春夏流行色〜「フェリシテ(幸福)」 (2009.08.13)

その日、その時の気分によって選ぶカラーは変わります。
求めるカラーには心が影響しているものなのです。
2009年のメイクアップ流行色を、インターカラー(国際流行色委員会)※の決定色をみながら、今の時代の女性達のニーズをさぐってみたいと思います。

※インターカラー(国際流行色委員会)…世界レベルでトレンドカラーの検討を行っている組織。
加盟国は2008年5月現在、中国、イギリス、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、日本、韓国、ポルトガル、スイス、トルコの12カ国です。
JAFCAメイクアップカラーは、インターカラー情報を参考に選定されています。

デジタルの技術が進む現代。
「リアル」と「バーチャル」の世界は混在しています。
その境界が曖昧になってゆく中、選ばれた色は、それぞれ相対する世界をより強調させる様なカラーとなりました。

インターカラー選定にみられた特長的な志向とは、
「リアル」対「バーチャル」。
「自然」対「人工」。
そしてそれらのバランスをとる色、という3つの考え方です。
カラーグループのテーマには、「仮想的な自然」や「未来の詩」など、バーチャルな世界と未来的なものを自然と対比させたものが並びました。

それはそのままメイクアップカラーに大きく影響しています。

リアル。身体で感じる世界。
曖昧になってゆく境界への不安は、自然を強く求める形となって現れ、自然そのものを提案したカラーが多く選ばれていました。
例えば美しい水、空気、木々の緑を思わせるような色。
命を育む大地の豊かさを象徴するオレンジ〜ブラウン系。
そして燦燦と降り注ぐ太陽の光の色。

一方、バーチャルな世界を表わすかのように、未来感覚な色、大胆な色のぶつかり合いは、サイケデリックな形となって、より洗練された新しい方向性を示しています。
今後ケミカル素材や、バイオテクノロジーによって、新しいカラー表現が可能になっていくことでしょう。
そんな「未来」を表す様な電子的な感覚のカラーが注目されていました。

4つのカラーグループとテーマは次の通りです。


◆プリンチ・ペッサ(喜び×人工)

principessaとは王女、妃を意味するイタリア語で、映画「マリー・アントワネット」の様な陽気な世界観をイメージ。はじめる、ゲームやパーティの様な楽しさ、デコラティブ、現実離れした感じ、透け感のある赤を重ねる、丸いイメージ、人工的な艶。
ぽってり、ぷっくりとした質感のリップ。ホログラムのようなキラキラしたアイライナーなど。

◆アビスレ(憂い×人工)

アビス(底なしの・深海)とミスレ(神秘)を合わせた言葉。深海の青い光のイメージ。憂いのある表情を演出。深海で静かに光る生物の色。シアーな光沢。目元とネイルにポイント。

◆自然の賜物(喜び×自然)

大地の恵みのカラー。グリーン、ブラウン、オレンジなど。
自然な艶、ほっとできる色。
ナチュラルなメイクを演出。 リップはシャープに描くことで、「生き抜く強さ」「意思の強さ」を表現。

◆香潤(憂い×自然)

雨の中にたたずむ憂いを秘めた女性のイメージ。水に透ける様な透明感で儚さを表現。
一番日本的な印象。静かでしっとりした色をライナーに。
肌全体はマットで唇は艶やかに。


選ばれたカラーとテーマを見て気がつくのは、感情表現にスポットがあてられているという点です。
「喜び」や「憂い」といった、女性の感情を自然物と人工物の相対と合わせて表現しています。

不安要素の多い現代。
環境に対する不安、食の安全への懸念、すべてに変化の激しい時代。
流されずに生きていくには、自分をしっかりと持ち続けることが大切です。
自分をみつめ、感情を感じること。
揺れ動く感情も素直に感じてあげること。
自分の中にあるものをみつけ、認めてあげることはきっと幸せ探しにつながります。
自分が幸せだと思って生きることが大切だということです。

メイクの提案の中にも、生き抜く強さを感じさせるものがみえています。
ナチュラルに、たおやかな強さを持ち、今を楽しもうとする女性達の姿が浮かんできませんか?